お腹を切らない手術

onaka

内視鏡手術

お腹を切らない手術(腹腔鏡、子宮鏡手術)の相談 腹腔鏡、子宮鏡など内視鏡手術専門医(日本産科婦人科内視鏡学会技術認定)として、手術の適否などの相談に応じます。

産婦人科領域における腹腔鏡手術は、近年目覚ましい進化をとげています。一方で、手術技術レベルについては施設間での差が大きくなってきています。院長は、腹腔鏡手術の黎明期から手術技術の確立を目指し研鑽を積んできました。執刀数も非常に多く、少なく見積もっても2,000例以上の執刀経験があり、助手や指導経験も入れると、もっと多くなります。現在でも毎週大森赤十字病院にて執刀しており、コンスタントに年間100例以上の執刀をしております。

子宮筋腫に対する子宮筋腫核出術(子宮筋腫のみ取り除く手術)は、どんな症例でも腹腔鏡で可能、ということはありません。手術適否の判断は、多くの経験が必要といっても過言ではありません。手術を検討されている方は、一度ご相談下さい。

子宮全摘出の場合、単純に大きいからといって、腹腔鏡を回避する理由にはなりません。筋腫のできている場所によって可否が決まってきます。開腹手術で手術予定がある方は、ご相談下さい。腹腔鏡で可能かも知れません。

子宮鏡による手術については、一部の症例であれば当院で施行可能です。子宮内膜ポリープについては積極的に行っております。日帰り手術ですので、入院の必要はございません。また、不正性器出血で、子宮内の観察が必要と考えられた場合は、局所麻酔のみでの観察も可能で、この場合は外来で即座に行う事もできます。

卵巣の腫れ物については、悪性腫瘍の疑いがない場合は、開腹手術を選択することは稀です。開腹手術だけしか選択肢を提示されなかった、という方は、一度ご相談下さい。

悪性腫瘍(子宮がん、卵巣がん)に対する手術経験はありませんが、日本産科婦人科内視鏡学会での交流を活かし、悪性腫瘍手術に対する腹腔鏡手術を行っている医師との連携も行っております。

東京都大田区にある大森赤十字病院産婦人科と提携しており、ご希望の際には、そちらに紹介、院長自ら執刀いたします。予約などの必要はございません。院長外来にお越し下さい。


【提携病院】

大森赤十字病院

〒143-8527東京都大田区中央4 丁目30 番1号