カンジダ腟炎外陰炎

もともと、皮膚のどこにでもいる常在菌の一つであり、免疫力の低下によって、細菌叢のバランスが崩れることによって発症します。
白色でぽろぽろしたような帯下(カッテージチーズ、酒粕様帯下)が出現し、かゆみを伴うのが特徴です。
腟分泌物を採取、菌を培養することで検査します。
腟内の消毒、抗菌薬投与、外陰部への抗菌薬塗布にて対応します。