多嚢胞性卵巣

排卵の障害を引き起こし、生理不順になることが多い疾患です。妊娠しにくい原因になることもあります。卵巣ホルモン(エストロゲン)高値となることもあり、その結果、ニキビの原因になることもあります。その状態を放置してしまうと、将来的に乳がんや子宮体がんのリスクを高めてしまうことがあります。基礎体温の測定、超音波検査やホルモン検査で診断していきます。妊娠希望の方では、排卵誘発剤による治療を行います。すぐの妊娠希望のない方では、低用量ピルによる月経周期作成を行います。