妊娠検査

生理が来ない時などは、早めに妊娠検査をした方が良いです。
常に、正常な妊娠であるとも限りません。異所性妊娠(子宮内以外に着床すること。以前は子宮外妊娠と呼ばれていました)の場合は、とくに注意深い観察が必要になります。
尿検査による妊娠判定と同時に、超音波検査にて、より精度の高い情報を得ることが必要です。
異所性妊娠とは、子宮内腔以外の部位に妊卵が着床し、発育していくことを指します。殆どの場合、卵管妊娠となり、その場合、発育していくと、卵管内腔が拡張hしきれずに破裂、腹腔内出血を引き起こし、重篤な事態に陥ることもあります。
最近では、妊娠検査薬の発達や、超音波検査の進歩によって、比較的早期に発見され、適切な医療を受けることが多くなりました。