子宮体がん検査

子宮の内部に細い棒状のブラシを挿入し、子宮内膜細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞を見つける細胞診検査が、「子宮体がん検診」です。
子宮頸がん検査に比べて、直接臓器の内側をこするため、痛みが伴うことがあります。
一般的な子宮がん検診では、子宮体がん検査はやらないことが多いです(横須賀市子宮がん検診には含まれていません)が、不正性器出血がある等あれば、やって頂いた方が無難です。外来で申しつけて頂ければ、すぐに検査可能です。