子宮内膜増殖症

「子宮内膜症」という似た名前の病気がありますが、それとは全く別の病気です。子宮内膜とは、はがれて月経になる部位であり、妊娠に際しては、着床する部位です。エストロゲンという女性ホルモンの刺激によって子宮内膜は増殖しますが、子宮内膜増殖症では、過剰に増殖した状態になり、月経量の増加や、不正性器出血の原因になります。単純型と複雑型に分類されます。複雑型は、子宮体がんに進行することもあり、注意が必要です。