子宮卵巣超音波検査

一般的な婦人科検診では、内診のみで、超音波検査は含まれていません。
子宮の形態、腫瘍の有無、卵巣の状態を把握するために、最も簡便な方法が超音波検査です。
腟から超音波の検査器具を挿入し、子宮や卵巣の形態を確認します。
性交渉未経験の方では、経直腸(肛門から)に行う事もあります。