子宮鏡検査

持続的な出血がある場合や超音波検査にて子宮内に病変を認める場合には、子宮内の状況を直接確認するための「子宮鏡検査」を行う事があります。
子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮体がんなどの検査に用います。
不妊症の原因検索の一つとして施行することもあります。