子宮頸がん検査

子宮頸部の細胞を綿棒やブラシなどでこすって細胞を集め、顕微鏡でがん細胞を見つける細胞診検査が、「子宮頸がん検診」です。
とくに症状がなくても、20歳を過ぎたら、1年に1回、子宮頸がんの検診を受けましょう。同時に内診も行いますので、子宮の大きさ、卵巣に何か腫れがないか、押して痛みはないかなどを検索します。
しかし、超音波検査をしないと、細かいところまでは把握できないこともあります。