子宮頸癌・子宮腟部異型上皮

子宮頸がんとは

子宮下部(腟に近い部位)を子宮頸部、子宮上部を子宮体部と呼び、それぞれの部位に生じるがんを子宮頸がん、子宮体がんといいます。
子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。
以前は発症のピークが40~50歳代でしたが、最近は20~30歳代の若い女性にも増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染によって起こることが多いことがわかっています。
子宮頸がんの高危険群のHPVは、性交経験のある女性の約10%において検出されると言われています。
そのうち多くの方では、2年以内に自分の免疫力でウイルスは排除されますが、10%の人は感染が長期間持続し、がんの前の段階である異型細胞が増殖します。
さらに、このうちの一部の方が、子宮頸がんに進行するといわれています。