性病検査

クラミジア淋病カンジダ梅毒性器ヘルペストリコモナス腟炎B型肝炎C型肝炎HIV感染(エイズ)などの、性行為感染症が気になる時は、腟分泌物や血液検査で確認できます。
治療が必要な時には、適切に対処しますが、セックスパートナーの方も同時に治療しないと、お互いにうつりあうだけになります(ピンポン感染)。
パートナーの方への治療も致します。

 


 

 

クラミジア

性感染症であり、通常の性交渉のみならず、オーラルセックスでも感染が成立します。
男性では、尿道からの膿性分泌物の増加や、前立腺炎に伴う陰部違和感、疼痛などの症状が出るのでわかりやすいですが、女性では自覚症状にが乏しいため、気がつかないうちに感染していることがあります。
放置すると、子宮頸管感染から上行感染を起こし、卵管炎による卵管閉塞、さらに腹膜炎などを起こすことがあり、不妊症の原因になることがあります。

血液検査では、感染の既往有無について知ることが出来、子宮頸管粘液検査では、現在子宮頸管にクラミジアそのものがいるかどうかを知ることが出来ます。
抗生物質の投与(内服)にて治療します。

 

 TOPへ戻る


 

淋病

クラミジア同様、男性では尿道炎、膿性分泌物、痛みで発見されやすいですが、女性の自覚症状は帯下の増量程度くらいで、気がつかれないで放置されることもあります。
検査方法は、腟分泌物を採取し、検査施設にて菌を培養し、検出します。
細菌の生命力としてはあまり強くないため、検査をしても、菌体が検出できないこともあります。
抗生物質の投与(内服)にて治療します。

 

TOPへ戻る

 


 

カンジダ

もともと、皮膚のどこにでもいる常在菌の一つであり、免疫力の低下によって、細菌叢のバランスが崩れることによって発症します。
白色でぽろぽろしたような帯下(カッテージチーズ、酒粕様帯下)が出現し、かゆみを伴うのが特徴です。
腟分泌物を採取、菌を培養することで検査します。
腟内の消毒、抗菌薬投与、外陰部への抗菌薬塗布にて対応します。

 

TOPへ戻る

 


 

梅毒

性行為感染症であり、皮膚や粘膜の微細な傷口から侵入し、進行によって血液内に進むことで感染が成立します。オーラルセックスでも感染が成立します。
これ以外にも母子感染、輸血血液を媒介とする感染もあります。
母子感染(妊娠中の母親から胎児への感染)の場合、子供は先天梅毒となります。
症状は、第1期、第2期、第3期、第4期と進行しますが、医療の発達した現在では、第3期以降の症状は稀です。

第1期:感染後3週間から3ヶ月くらいの状態。病原体が侵入した部位(陰部や口)に痛みを伴わない塊ができ、膿を出すようになります。太ももの付け根にあるリンパ節が腫れることがあります。

第2期:感染後3ヶ月から3年の状態。全身のリンパ節が腫れ、発熱、倦怠感、関節痛などの症状が出ることがあります。バラ疹という、特徴的な全身性発疹が出ることがあります。手足の裏から全身に広がる、赤い目立つ発疹が顔面にも現れます。手のひらや、足底に小さい紅斑が多発し、皮がめくれた場合は特徴的であるとされています。発疹は、無治療でも1か月で消失しますが、抗生物質で治療しない限りは病原体は体内に存在します。

前期潜伏期:第2期の症状が消えると始まります。潜伏期が始まってからの2年から3年間は、第2期の症状を再発することがあります。

後期潜伏期:不顕性感染(症状がでない状態)の期間で数年から数十年経過することがありますが、この時期は、他の人に感染することがありません。

第3期:感染後3年から10年程度の状態。皮膚、筋肉、骨などにゴム腫とよばれる、ゴムのような腫瘍ができます。現在は、治療が発達しているので、この状態まで行くことは稀になっています。

第4期:感染後10年以上経過した状態。多くの臓器に腫瘍が発生し、脳、脊髄、神経を侵すことで麻痺性の痴呆、脊髄ろうを起こし、死に至りますが、現在では稀です。

診断は、血液検査で行い、STSという検査、TPHAという検査を用いることが一般的です。 STSは治療すれば陰性化しますが、TPHAは陰性化しません。また、梅毒以外の疾患でもSTSは陽性を示すことがあります。

抗生剤投与にて治療します。

 

TOPへ戻る

 


 

性器ヘルペス

感染をすると、潜伏期 (2日~10日間) を経て水泡(みずぶくれ)を形成します。水疱はしばらくして潰れ、潰瘍になり黒ずんだようになり、治ります。強い痛みを伴うことが特徴の一つです。肉眼的な診察で診察は可能ですが、水疱内のウイルスを検出することで、確定診断となります。
抗菌薬の投与、外陰部への塗布で治療します。痛みが強い場合には、局所麻酔ゼリーを使うこともあります。

 

TOPへ戻る

 


 

トリコモナス症

多くは女性だけが、腟炎、子宮頚管炎、尿道炎といった症状がでます。自覚症状としては、悪臭を伴う泡だったおりもの、性交・排尿時の不快感、女性器のかゆみ・痛み・灼熱感などあります。男性の症状は稀ですが、排尿、射精時の痛みが出ることがあります。
性交渉によっても感染しますが、下着やタオル、便座あるいは風呂をまたぐ際や、出産時に母から感染する可能性もあります。日本の共同浴場は高温なので、菌は存続できず、問題ないとことが多いですが、共同浴場で感染する危険性もあり得ます。
抗菌薬の腟内投与、内服にて治療します。

 

TOPへ戻る

 


 

B型肝炎

B型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。
母子感染、性行為感染、輸血、臓器移植、刺青、針刺し事故などで感染します。覚醒剤注射の回し打ちや刺青での針の再使用などでの感染もあります。
血液検査にて検査を行います。

 

TOPへ戻る

 


 

C型肝炎

HCVは血液が主な感染経路で、以前は輸血による感染や、注射の回し打ちなどで感染しました。現在は針刺し事故や刺青での針の使い回し、覚醒剤注射の回し打ちなどが感染源です。性行為ではほとんど感染しないとされています。また母子感染も少ないとされています。

 

TOPへ戻る

 


 

HIV感染(エイズ)

HIV に感染し、そのまま放置すると、免疫力がだんだん弱くなり、数年~10年で健康な人であれば何ともない菌やウイルスによって病気になってしまいます。その病気が、「エイズ指標疾患」 とされる病気にあてはまると、「エイズを発症した」 と診断されます。
HIVを含む血液、精液(さきばしり液含む)、腟分泌液、母乳といった体液が、相手の粘膜部分(主に口の中、ペニス、尿道、腟、直腸など)や傷口などに接触すると、感染の可能性があります。
汗、涙、唾液、尿、便などの体液の接触では感染しません。
HIV(エイズウイルス)が粘膜や傷口から血液内に入って感染するので、あらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックス)が感染を起こす可能性があります。
刺青の針や麻薬・覚せい剤注射器のまわし打ちでも感染する可能性はあります。
血液検査で、感染の有無を知ることができます。

 

TOPへ戻る