淋病

クラミジア同様、男性では尿道炎、膿性分泌物、痛みで発見されやすいですが、女性の自覚症状は帯下の増量程度くらいで、気がつかれないで放置されることもあります。
検査方法は、腟分泌物を採取し、検査施設にて菌を培養し、検出します。
細菌の生命力としてはあまり強くないため、検査をしても、菌体が検出できないこともあります。
抗生物質の投与(内服)にて治療します。