生理の量が少ない

月経量が少ない理由としては、ホルモンバランスの崩れから来るもの、卵巣ホルモンの低下、子宮頸部から排出されるよりも、卵管からお腹のなかに逆流流する経血量の方が多いことなどが挙げられます。流産手術など、子宮内手術をしたことがある方は、子宮の内側がくっつき、子宮内膜の面積が減ってしまう「子宮内腔癒着症」という病気の可能性があります。