生理痛

seiri

生理痛を引き起こす原因について一番多いのは子宮内膜症ですが、その他にも、特別な異常所見がないにも関わらず起こる方もいます。生理痛には様々なケースが存在し、治療方法も多岐にわたります。鎮痛薬、ホルモン薬、漢方薬などの投薬が必要なケースもありますが、ストレスを取り除くだけで治る、というケースもあります。痛みの程度、疾患の程度に関わらず、お気軽にご相談下さい。
子宮筋腫や、子宮腺筋症といった、子宮の病気で起こることもあります。

当院では、強い生理痛を引き起こすことの多い子宮内膜症治療について特に力を入れて診療しています。子宮内膜症が、アレルギーに関連した免疫応答異常が原因であるという研究(院長の学位論文)を基に、副作用の比較的少ない、抗アレルギー剤投与による治療を積極的に行っています。

従来からある治療方法や、腹腔鏡手術とも組合せをながら、患者さんと相談しながら最善の治療方法を検討いたします。