萎縮性腟炎

閉経後など、卵巣ホルモンの分泌が低下した状態では、腟粘膜が萎縮し、乾燥傾向になります。それに伴い、外陰部の慢性的な痛み、かゆみが出現することがあります。また、乾燥した粘膜は、細菌感染などへの抵抗力が低下するため、容易に炎症状態を引き起こし、帯下の異常などの原因となります。ホルモン剤の投与にて、容易に治療可能です。