避妊相談・ピル

避妊相談・ピル

ピルを初めてご利用になる方にも一からしっかりご説明し、不安のない状態で使用いただけるようにお手伝いいたします。

当院の取組み(特徴)

当院では、ピル使用中の方には、必ず肝機能と血液が固まっていないかの検査を定期的に行います。
また、初めて使用するときには、不安のない状態で使用していただけるように、ピルの使用方法や副作用や、ピルがどうして避妊に有効かなど基礎的な知識を丁寧に説明します。

ピルについて(避妊)

ピルを使うとその後妊娠しにくくなるという都市伝説のような迷信のようなものがあるようですが、全くのデタラメです。そんなことは決してありません。
むしろ、卵巣にも子宮内膜にも保護的に作用します。すぐに妊娠の必要はないという方は積極的に使用していただきたいと思います。ピルの内服は、女性が社会生活をするうえで、かなり有利に働くと考えています。

ピルのメリット

ピル服用中はほぼ100%妊娠することはないという意味ではありませんので不用意な妊娠を回避できます。
また、月経が来る時期をコントロールできるため、予定をたてやすくなります。

生理がないと無駄な排卵をしなくなるので、年齢を重ねたのち妊娠を希望した場合にも、卵巣機能廃絶という観点からは若干有利になります。
※ここは、すこし誤解をまねいてしまうかもしれません。ピルを長期間飲んでいれば、高齢になっても妊娠が可能になる、という意味ではありません。
卵巣がんについては、ピルの使用をしていた方で、発症リスクが低下するというデータがあります。
子宮体がんも同様に、発症リスクが低下する、というデータがあります。

ピルとは

ピルとは

もっと詳しくお読みになりたい方は院長ブログで更新しておりますので、お読みください。院長ブログ

ピルの服用方法

一般的なピルの飲み方は、ある一定期間服用することで子宮内膜を排卵後に近い状態にし、服薬をやめる、もしくは偽薬を服用することで体内のエストロゲン・プロゲステロンの濃度を低下させ、消退出血を起こさせます。

もっと詳しくお読みになりたい方は院長ブログで更新しておりますので、お読みください。

院長ブログ

ピルのデメリット

ピルによる副作用として、最も怖いものに血栓塞栓症があります。血管内で血液が固まり、それが重要臓器で起これば、重篤な状態になる、というものです。
エストロゲンの副作用として、血液を固まらせる性質を促進してしまうということがあるのです。ふくらはぎがつる、痛い、触っただけでも痛い、といった症状がある場合には、これを疑います。

もっと詳しくお読みになりたい方は院長ブログで更新しておりますので、お読みください。

院長ブログ

緊急避妊したい(モーニングアフターピル)

緊急避妊したい(モーニングアフターピル)

万が一、避妊に失敗した場合、性交渉から72時間以内であれば、緊急避妊薬を服用することで、妊娠を回避できることがあります。ご相談下さい。

併せてお読みください
Pagetop