診療案内

診療案内

予約制ではありませんので、
いつでも気が向いたときにお越しください。

当院は、女性特有のお悩みや不調に対して内科を受診するのと同じようにお気軽にご相談いただける産婦人科です。女性のお悩みは多岐にわたり症状も一人ひとり異なるため、どの科を受診したらよいのかわからない場合もありますが、悩んでいないで、まずは当院にご相談ください。
予約制ではありませんので、いつでも気が向いたときにお越しいただくことができます。

初めての方にお聞きすること

  • 妊娠歴
  • 分娩歴
  • 初潮
  • 閉経
  • 直近の生理の期間
  • 婦人科健診の有無

その他

内診を行う場合があるため、脱ぎ着しやすい服装でお越しください(スカートが望ましい)。
また、小中学生など産婦人科が初めての方には、内診以外の方法もございますので、ご相談ください。

婦人科

おりもの異常・陰部のかゆみ・生理が来ない・月経不順・生理痛・不正性器出血・更年期障害・下腹痛・膀胱炎症状、また子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫(卵巣の腫れ)などにも対応しています。

月経トラブルには、はっきりとした原因がなく、対症療法のみになる場合が殆どです。生理不順は、ストレスなど環境が原因で起こることもありますが、卵巣機能不全などが背景にあることもあります。
また、子宮筋腫、子宮内膜症、さらには子宮がん、卵巣がんなど、重大な疾患が隠れていることもあります。ピルの服用でコントロール可能なこともありますので、まずはお気軽にご相談ください。

排卵期出血のように全く異常のないもの、ホルモンバランスの不良によるもの、子宮筋腫・子宮がんなど腫瘍性疾患にともなうものもありますので、早めの受診をおすすめします。

かぶれや感染症によるものなどさまざまな理由があります。我慢するよりも、早めに受診・処方を受けることで速やかに不快感を解消できます。

のぼせ、発汗、イライラなど、さまざまな症状があり、特定の症状=更年期ということもありません。原因はわからないがなんとなく調子が悪いといった症状でも遠慮なくご相談ください。

更年期症状

子宮がん検診、超音波による子宮形態のチェック、卵巣異常の有無などを確認させていただきます。その他、性病検査なども行います。

子宮頸がん検診(横須賀市無料検診、有料成人がん検診にも対応)、子宮体がん検診、超音波検査に対応可能です。

検診
  • 子宮がん検診
  • 子宮頸がん検査
  • 子宮体がん検査
  • 子宮卵巣超音波検査
  • ホルモン検査
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 性病検査
  • おりもののバイ菌検査
  • 妊娠検査
  • 子宮鏡検査
妊娠

妊娠の確認を行います。ある程度赤ちゃんが大きくなってきて、心拍が認められるようになったら、妊婦検診を行っている施設へご紹介いたします。 妊婦検診は行っておりませんが、妊娠中のトラブルや、お悩みの相談がございましたら、お気軽におたずねください。

当院では、妊娠12週未満までの方に対応しております。母体保護法指定医師による妊娠中絶手術です。

手術

子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、粘膜下子宮筋腫に対する検査を行います。状況によっては手術も行うことができます。

子宮内を内視鏡で確認しながら、腫瘍を切除する方法です。
当院では、子宮内膜ポリープや、小さな粘膜下筋腫についての日帰り子宮鏡下手術を行っています。

腹腔鏡、子宮鏡など内視鏡手術専門医(日本産科婦人科内視鏡学会技術認定)として、手術の適否などの相談に応じます。
東京都大田区にある大森赤十字病院産婦人科とも提携しており、ご希望の際にはそちらに紹介し、院長自ら執刀いたします。予約などの必要はございません。診療時間内にお越しください。

中絶手術は女性の体や心に強く影響いたします。ピルを使用することで、ご自身を守ることができます。副作用のことなど、不安なことがあればお気軽にご相談ください。避妊目的以外にも、月経を安定させることや、生理痛治療目的で処方することができます。

ピル

万が一避妊に失敗した場合、性交渉から72時間以内であれば、緊急避妊薬を服用することで、妊娠を回避できることがあります。ご相談ください。

なかなか子どもが授からないという方、2人目が授からないという方も、どうぞご相談ください。当院では頑張らない治療を推奨しています。

不妊

不妊は原因がさまざまであるため、治療方法は多岐にわたります。
基礎体温から排卵タイミングを推定する簡便な方法を始め、排卵誘発剤の使用、卵胞発育ホルモン剤の使用、人工受精、さらには体外受精、顕微受精といった方法まであります。当院では、人工受精までは行うことができます。

人工受精とは、ご主人の精液を直接子宮内に注入することを言います。排卵のタイミングを超音波検査などでみながら施行する日程を決めていきます。

不妊治療の一環として、卵管の通りを良くする目的で行うことがあります。

疲れやすいといった症状がある方、なんとなく調子が悪いといった時など、ご希望でしたら対応いたします。ご相談下さい。

健康診断などで、鉄欠乏性貧血を指摘された場合、内服薬よりも早く効果が出現します。また、内服薬が、吐き気などで使いにくい方にも適応があります。

不妊症に対する排卵誘発、更年期症状に対するホルモン補充療法などがあります。症状に応じて投与する薬剤も変わってきます。ご希望の方は、受診、診察の上で投薬を判断いたします。

注射
相談(セカンドオピニオンなど)

他の病院、クリニックにて呈示された治療・治療方針について、改めて方針を聞きたいという方のご相談に応じます。
検査データなどがお手元にございましたら、お持ちください(必須ではありません)。
とくに紹介状や予約も必要ありません。

子宮内膜症、生理痛、お腹を切らない手術の相談(腹腔鏡、子宮鏡)をお受けしています。

腹腔鏡、子宮鏡など内視鏡手術専門医(日本産科婦人科内視鏡学会技術認定)として、手術の適否などの相談に応じます。
東京都大田区にある大森赤十字病院産婦人科とも提携しており、ご希望の際には、そちらに紹介し、院長自ら執刀いたします。予約などの必要はございません。院長外来にお越しください。

他のクリニックや病院で処方を受けていて、継続処方を当院でご希望の場合も、お気軽にご相談ください。診療内容、処方内容によっては、対応可能な場合もあります。

更年期症状に対する治療をはじめとして、保険適応のある漢方薬治療は多数あります。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

処方

腟内の炎症を起こしている場合、おりものが気になる場合など、腟内を消毒いたします。

性成熟期の女性では、ホルモンの影響により、子宮腟部にびらんが形成されることがあります。これは病的ではありません。しかし、出血の原因ともなりやすく、状況によっては冷凍凝固してしまうことにより、症状が出現しないようにすることも可能です。事前の子宮頸がん検査で、異常がないことが条件になります。子宮頸がん検診で異常を指摘された場合の治療で行うこともあります。

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することにより、外陰部にいぼ状の腫瘤が出来ることがあります。当院では、液体窒素による冷凍凝固法や、皮膚の切除にて治療します。

その他
併せてお読みください
Pagetop