子宮がん検診

no image

子宮頸がん検査と子宮体がん検査の2種類があります。 子宮頸がん検査は、子宮の出口にある「子宮腟部」「子宮頸管」といわれている部位の表面をブラシで擦り、細胞を専門の先生に顕微鏡検査をしてもらう方法です。 子宮体がん検査は、 […]

子宮鏡検査

no image

持続的な出血がある場合や超音波検査にて子宮内に病変を認める場合には、子宮内の状況を直接確認するための「子宮鏡検査」を行う事があります。 子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮体がんなどの検査に用います。 不妊症 […]

妊娠検査

no image

生理が来ない時などは、早めに妊娠検査をした方が良いです。 常に、正常な妊娠であるとも限りません。異所性妊娠(子宮内以外に着床すること。以前は子宮外妊娠と呼ばれていました)の場合は、とくに注意深い観察が必要になります。 尿 […]

おりもののバイ菌検査

no image

帯下(おりもの)の色や臭いが気になる時は、腟内に何らかの感染が起こっていることが考えられます。原因菌は、多種多様にわたり、適宜使用する薬剤を変えます。 そのために、最近の同定も必要になります。 放置すると、粘膜から出血し […]

性病検査

no image

クラミジア、淋病、カンジダ、梅毒、性器ヘルペス、トリコモナス腟炎、B型肝炎、C型肝炎、HIV感染(エイズ)などの、性行為感染症が気になる時は、腟分泌物や血液検査で確認できます。 治療が必要な時には、適切に対処しますが、セ […]

肝機能検査

no image

一般的な検診の一つとして、健康状態を把握するために、採血をしておくことは大事です。 とくに、ホルモン剤を使用している際には、定期的な血液検診をした方が良いでしょう。 もし、異常が見つかれば、即座に対処していきます。

貧血検査

no image

だるいという症状や、動悸、息切れがする、というのは、単なる疲労ではなく、貧血の可能性もあります。 我々が言うところの貧血とは、一般的に言われる「ふらふらする」や「立っていて具合が悪くなる」ことではありません。 実際に血液 […]

ホルモン検査

no image

月経異常に伴う検査として、脳下垂体と呼ばれる臓器から分泌され、卵巣を刺激するホルモン(卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH))、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)、卵巣から分泌されるエストロゲンを調べます。 […]

子宮卵巣超音波検査

no image

一般的な婦人科検診では、内診のみで、超音波検査は含まれていません。 子宮の形態、腫瘍の有無、卵巣の状態を把握するために、最も簡便な方法が超音波検査です。 腟から超音波の検査器具を挿入し、子宮や卵巣の形態を確認します。 性 […]

子宮体がん検査

no image

子宮の内部に細い棒状のブラシを挿入し、子宮内膜細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞を見つける細胞診検査が、「子宮体がん検診」です。 子宮頸がん検査に比べて、直接臓器の内側をこするため、痛みが伴うことがあります。 一般的な子宮が […]

Pagetop