子宮内膜症

本来は、子宮内腔に存在する子宮内膜またはその類似組織が子宮内腔以外の場所に存在し、進展する疾患です。良性疾患にもかかわらず、病変によって癒着、浸潤を起こし、なかなか根治ができない疾患です。エストロゲン(卵巣ホルモン)依存性疾患であり、卵巣機能を持っている女性(月経がある方)であれば、発症する可能性があります。罹病率は10%以上と言われていますが、症状がなく、病院にもかかっていない方はもっといるとも言われています。子宮、卵巣、直腸周囲に好発し、周りの組織と強固にくっつく「癒着病変」を形成し、様々な症状を出します。卵巣にできて大きくなると「チョコレート嚢胞」、腹膜病変が発展すると「腹膜病変」、子宮の筋肉の隙間にできて子宮が腫大すると「子宮腺筋症」という呼び方をすることがあります。手術療法、ホルモン療法などありますが、治療の選択は、妊娠希望の有無や年齢などによっても変わります。ご心配な方は、一度受診して下さい。